クリアネイルショット

爪水虫とは?

水虫は白癬菌というカビの一種で起こる皮膚の病気です。
湿度や一定の温度を保つ白癬菌は足の指と指の間に発症することが多いのですが、爪や爪の周りにも多く発生しやすいという特徴があります。
このように爪に発症する水虫を爪水虫と呼んでいます。

 

足の指の間にできる水虫と異なり爪水虫は、水虫の特徴的な症状であるかゆみが起こらないため、自覚症状がありません。
そのため症状が進行して気づくことがほとんどです。

 

爪水虫は足の親指から発症することが多く、感染している場合は他の爪と比べると厚みを持っていること、爪の色が白く濁っていたり黄色っぽくなっていること、形が変形したり、ボロボロになっています。
症状を放置していると他の爪にも感染したり、家族や身近な人にも感染してしまいます。
爪水虫の治療は、長く続くという通常の水虫以上に完治に時間を要するため根気が必要ですが、専用の治療薬で完治は可能です。

 

また、足を清潔に保つこととお風呂上りには十分に乾燥させることが必要です。

 

グリーンネイルとは?

女性のおしゃれの定番となっているジェルネイルやスカルプは、人気が高いものです。
気軽に自分で施術する人も増えていますが、グリーンネイルになる人もいるのだとか。

 

グリーンネイルは爪の病気の一種ですが、痛みやかゆみなどの自覚症状は現われませんが、その名の通り爪が緑色になってしまいます。
原因となるのは常在菌の緑膿菌です。

 

緑膿菌はからだの免疫力に問題がないときには感染しませんが、爪が病気にかかって傷ついていたり、常に湿っていて軟らかい状態の際に感染しやすくなります。
ジェルネイルやスカルプを長期間つけていると、破損したり剥がれかけて爪との間に溝ができてしまいます。
ここに水が溜まって緑膿菌が繁殖し、グリーンネイルを引き起こしてしまうのです。

 

グリーンネイルは自然治癒しない病気です。
放置していると症状が進行して爪が変形したり剥がれてしまうこともあります。
さらには皮膚や体内に細菌が入りこんでしまって重篤な症状を引き起こしてしまうこともある怖い病気なのです。